暮らし

洗面台に用意しておくと、家事が楽になる3つのもの

わが家の洗面台は、洗濯機の隣にあります。マンションでは多いタイプの間取りです。そんな洗面台には、定番アイテムではないけど、用意しておくとちょっと便利なものが忍ばせてあります。

今日はそんな脇役たち3つを、使い方と合わせてご紹介します。うちも置いてる!とか、置いてみようかなー?と、参考にしてもらえたら幸いです。

洗面台の水アカ・カビにはお掃除消しゴム

まずは、洗面台やその周辺の汚れ対策として、お掃除消しゴムです。この名がついたブランドのものを使うときもありますが、ホームセンターがPBで出してるのを使うときもあります。(PBのは安いけど、本家より劣化が早い気もする)

白いキューブ型のスポンジ、想像できる人も多いと思いますが、コレ、水アカとかカビと相性めちゃくちゃいいです。さっとこするだけで、洗面台がピカピカになります。実家でも私が小さいころから置いているので、どこの家庭でもあるものだと思っていた時期もありましたが(笑)置いてない人には、実におすすめ!

水回りってすぐ汚れますが、子どもがいると特に、衛生的にしたいと思うもの。でも、洗面台に拭き掃除用の洗剤置いたり大きいスポンジ置いたりすると、すぐに物で溢れてしまいますよね。子どもも触るし。

でも、このスポンジなら洗剤いらずで場所いらずなんで、洗面台の隅っこにこそっと忍ばせておけば、大概の汚れを落とせます!

空のペットボトル

私はコレを洗面台の下の収納に忍ばせています。見えるところに置いておいて、気持ちいいものではないですし、何より息子のおもちゃにされてすぐにつぶれそうです。

そういえば、空のペットボトルはお風呂でのおもちゃにもなりますよね!お湯入れたり流したりするだけで、小さい子は、かなり楽しそうに遊びます!(くれぐれも事故のないようにママが見ていてくださいね)

えっと、話を戻して。空のペットボトルは洗濯に役立ちます。赤ちゃんが吐き出したおっぱいの汚れとか、子どもの食べこぼしのしみを、漂白剤につけるとき。漂白剤の種類によっては、剤をぬるま湯に溶かしてからつけ置きすると効果が高まるものがあって、ペットボトルにぬるま湯を作って、財を入れて蓋をして、しっかりシェイクしてからつけ置きするようにしてます。

この方法にしてから、汚れ落ちのパワーが増しました!

使わなくなったハミガキ、2本

洗面台の引き出しには、使わなくなったハミガキを2本、常備しています。1本は洗面台周りの汚れ落としのため。うちではこんなところをゴシゴシ磨いています。

・排水溝の溝
・排水溝キャップの裏側
・シャワーの網目(←水が出てくるところなのに、意外に汚い!)
・ソープディッシュの角
・その他、洗面台周りの細かな溝

さきほどご紹介したお掃除消しゴムでは届かない、細かな部分の汚れに最適です!

もう1本は、シミ抜き用。テレビでもよく紹介されていますが、おすすめの方法をご紹介しておきます。

①シミの着いた衣類を、シミの部分をピンと貼って準備。
②シミの後ろにいらない布を敷いて、汚れの種類に応じて洗剤を垂らします。
③シミの部分をハミガキで叩きます。
④シミが徐々に後ろに敷いたいらない布に移っていくのが目で見れます。
⑤完全にシミがなくなるまでトントン続けます。

私がコレまで成功したのは、

・ファンデーション→化粧落とし
・自転車の油の汚れ→洗濯洗剤
・息子の食べこぼし→台所洗剤

です。トントンしていたら、ものの数分で落ちてくれるので、シミが怖くなくなりました!
ポイントは、汚れにあった薬剤を使うことと、汚してからなるべく早くにシミ抜きをすることです。

<今日のおせっかい>
洗面台周りは物で溢れがち。隠せる小物を、賢く使い分けて家事のストレスを減らしましょう!