暮らし

生協の個配がワーママにおすすめな3つのワケ

娘が生まれてすぐに、私は生協の個配を申し込みました。聞いたことあるワーママはかなりたくさんいると思います。私の母(専業主婦で3姉妹育児)は、私たちが生まれたてからずっと、今も生協を使っています。

ちなみに私の母、ちょくちょくブログに登場すると思いますが、賢母です。

子育て中は貧しかったこともあり、かなりの工夫と知恵を使って、私たちを育ててくれました。私のブログに出てくる情報も、母から聞いたものが多々あります。

そんな母がかなりすすめていたので、気にはなっていたのですが、働いていたこともあり、「受け取りは?」とか「結局高いんじゃない?」とか、色々と理由をつけて、検討を引き延ばしていました。

そんな母と、すでに生協の個配利用者であった妹のすすめもあ理、2人育児に少しでも余裕を持たせるために、私も利用することを決めたのですが、、、はっきり言って、「生協サイコー!」です。めっちゃ助かります。

今回は、そんな生協の個配の魅力をご紹介したいと思います。

子育て世帯は、個配料がお得

まずは、こちらの魅力。これは都道府県の生協によって変わるのですが、私が住んでいる県の生協では、通常¥206かかる個配料が、

・下の子が満1歳の誕生日を迎えるまでは無料
・加えて、満6歳になるまでは半額

なので、子育て世帯はお得に利用することができます。

子どもがいると、買い物に行くのは本当に一苦労。私は下の子を妊娠中、妊娠後期に入っていたこともあってスーパーを走り回る息子を捕らえることができず、迷子のお呼び出しを利用する羽目に。その経験も、生協の個配を利用することを決めた大きな理由の1つです。

2歳児前半って、カートに乗るの嫌がるし、手を繋がるのも嫌がるし、迷子の危険を理解することもできないし、、、買い物するママには強敵中の強敵ですよね。

肝を冷やしながらやっとの思いでトミカの売り場で見つけた息子が、私を見るなりまた逃げた時は、体の中で堪忍袋の緒が切れた音が「ブッチーン」としました。

妊娠後期にもかかわらず、息子めがけて猛ダッシュした末、周囲がひく声で怒鳴り散らしたこと、今では笑える思い出ですが、あの時かなり焦りました。

こんな経験したことのあるママは、とっても多いと思います。ぜひ、個配の利用検討を!

良質な食材が豊富

生協のカタログをチラチラめくるとすぐにわかりますが、生協では良質な食材がたくさん扱われています。国産食材が多いことはもちろん、食材を作った人の顔や掲載された食材を合わせ使いして作れるおすすめレシピまで掲載されていて、安心してお買い物できる工夫がなされています。

小さい子を育てているママにとっては、安心できる食材は超重要!心強いのです。

親しみやすいドライバーさん

地味なポイントですが、ママにとっては重要ポイントではないでしょうか?自宅の玄関先まで荷物を持ってきてくれるドライバーさん、せっかくなら心象の良い人がいいですよね。

私の実家に荷物を届けてくれるドライバーさんも、妹のところも、そしてもちろん私のところも、ドライバーさんが親しみやすいという特徴が挙げられます。年齢も性別もさまざまですが、共通することは親しみやすさ。

おそらく、ドライバーさんを採用するときにも教育するときにも、”ママに親しみを持たれやすい”という視点を大切に、生協が心がけていることがうかがえます。どこまでもママ思いの団体であることが、こんなところからも垣間見ることができます。

<今日のおせっかい>
我が家は、買い物の中心を生協にした方が、食費が下がりました!スーパーに行くとついつい無駄遣いをしてしまうけど、それが減ったからだと思います。