育児

<0〜2歳児>子どもの下着、どうすべき?季節別のおすすめ

子どもが生まれると必ずママがたどり着く、「子どもの下着ってどうする?」と言う疑問。私も両母、それに両祖母にまで、「こんなに暑いのに下着着せてるの?」とか「下着着せないとお腹冷えて風邪ひくよ!」とか、散々言われています。

子どもにとってベストな体温を調整できる下着を選びたいものですが、なんせ大人より体温が高かったり、動き回って常に汗をかいていたりするのが子どもです。と油断していたら、手足が冷たくなっていて、ママは自分を責めたりします。今回はそんな、ママを地味に悩ませる下着事情についてご紹介します。

<0歳〜1歳>綿100%でお腹が出ないもの

0歳児は免疫が弱く最も体調管理に注意したい時期です。また、抱っこをする頻度も高いため、抱っこ時にお腹が出てしまうようなコーディネートは避けたいですね。ちなみに、下着の考え方は1人で歩けるようになる1歳児でも、私は変えていません。0歳の時に80サイズくらいのものを選んでおくと、1歳になっても着回せることが多いので、参考にしてみてください。以下にご紹介するおすすめは、0〜1歳向けとなります。

下着の素材については、直接肌に触れるものなので、肌触りが良く汗もよく吸ってくれる綿100%一択です。新生児期は産着で調整することが多いと思うので、首すわりあたり(生後3ヶ月頃)からの参考にどうぞ。

春(3〜5月)秋(9〜11月)におすすめの下着

画像のような股下でボタンを留めるロンパースの半袖下着を服の下に着せています。この上から0歳児だと長袖のカバーオールと呼ばれるつなぎタイプの服を着せますが、5月や9月などまだ暑い時期には、以下のようなメッシュでノースリーブの下着を着せて、上から半袖のカバーオールを着せることもあります。

その日の気温や室内の温度、上から着せる衣類との組み合わせで2種類の下着を着せています。

夏(6〜8月)におすすめの下着

最近の夏は、異常に暑いです。そのため、下着は着せずに、なるべく薄着にします。ロンパースタイプでかつ、洋服として外出できるものを1枚で着せています。

一日中、クーラーの効いた部屋で過ごすことも多いので、なるべく肩が隠れるデザインのものを選んで着せています。お出かけやお散歩時には、下の画像ようなノースリーブタイプも涼しげで可愛いですね。

外出時も、クーラーの効いた車内や施設に入ることが多いので、体にかけられるカーゼ素材のブランケットなどは必須で持ち歩いています。紫外線対策にもなりますね。ちなみに、息子の時は腰が座るまで前びらきのものだけを選ぶようにしていましたが、かわいいベビー服が多いGAPベビーには、前びらきのものがなく。試しに娘に買ってみたら、3ヶ月くらいでも問題なく着させることができました。首を通す時に少し不機嫌になりますが、1度着せてしまえば問題なく使えています。

また、保育園によっては、1歳クラスから園指定の制服があるところも。制服は速乾性や耐久性を意識してポリ素材でできていることが多いので、その場合は夏場でも下着を挟むのがおすすめです。先ほどご紹介したメッシュのノースリーブタイプがいいでしょう。

汗を吸ってくれるので、子どもの不快感を軽減したりあせも対策になります。

冬(12〜2月)におすすめの下着

0〜1歳の冬は、体を冷やして体調を崩されたくないと考えるママがほとんどですね。インフルエンザにでもなったら、死の危険性も出てくるなど、おおごとです。そのため、私も下着選びには慎重になりました。体をしっかりと保温できる厚手の生地のものを選びます。ポリ素材が入っているものは暖かいですが、やはり1歳までは私は綿100%を着せています。

画像のような。上半身が長袖で下半身は裾がないタイプのものが、1番保温効果もあり動きやすそうに思います。

より保温性が高そうなキルト加工をされた画像のような下着も1枚ありますが、太ももあたりまで裾が伸びているため、上からズボンやタイツを履かせると太もも周りがごわつくので、下半身の洋服を選んでしまいます。

 

<2歳>トイレトレーニングを意識した下着選びに

2歳に近づくとトイレトレーニングに入る子どもが多いです。通わせている保育園でも2歳クラスになると、トイレの際に自分で脱ぎ着がしにくいロンパース着用での登園は禁止。そのため、2歳過ぎあたりから上半身部分だけの下着を着せています。店頭でも95サイズ以上のロンパースを見かけないのは、トイレトレーニングが関係しているのかもしれませんね。

季節による考え方は、1歳児までとは違い大まかになり、春・夏・秋と冬の2つでシーズンを分けて考えています。以下でご説明します。

春・夏・秋(3〜11月)におすすめの下着

2歳になるとしっかり走れる子どもが増え、夏に限らず汗をよくかく子が多いです。下着はなるべく薄手で動きの妨げにならないものがいいと考えています。基本はメッシュタイプのノースリーブを着させますが、春先や冬前などは気温を考えて、メッシュでないものも着せます。

また、保育園では2歳から制服があり、夏場でもポリ素材でできた服を着ることになるので、下着は必ず着用させています。休日は95センチのロンパース1枚を部屋着として着させたり、下着なしで綿素材の衣類で外出したりもします。

 

冬(12〜2月)におすすめの下着

2歳の冬は、いよいよ綿100%からの卒業です。12月に差し掛かるとさすがに常に汗をかいている!という状態ではなくなり、外出時もかなり寒くなってくるので、ユニクロのヒートテックを用意しています。選んだ理由は、私自身が着用していて着心地がいいことと、既に子どもに着用させているママ友の評判が良かったことです。

たかが下着、されど下着。ママの目線で子どもの体温をうまく調整してあげることも、重要な体調管理の1つですね。

 

今日のおせっかい

お父さんが抱っこする機会が多い日は、子どものお腹が露出しがち!ロンパースタイプを着せておくと安心です。