育児

「保育無償化」だけで、ママが喜んではいけない保育の現状

2019年の10月から、保育料の無償化が実施されることが決まりました。
これ、この期間に未就学児を育てるパパ・ママにはすごくありがたいです!

私も、あと少し頑張れば少し家計が楽になる!!と、
心待ちにしているママの一人です。
ママ友ともひとしきり、喜び合いました。

だって、保育園料って高い。
親の収入などで料金は変動しますが、
一般的なファミリーマンションの賃料くらいは平気で飛んでいきます。
東京に住むママ友は、「家のローンより高いってどういうこと!?」と嘆いていました。

子育て世帯でなくとも、毎月住居費レベルの出費があることは、
厳しい出費となると思います。

で、ラッキーラッキー!!!と思っていた私に、
今朝一番に飛び込んできたニュースが、コレ↓

保育園無償化が効果ゼロに終わる3つの理由

 

記事を要約すると、

・諸外国に比べて、無償化の対象となる保育時間が長すぎる
・無資格の先生がいる施設の保育まで、無償化している
・無償化だけ進んでいて、保育の質を評価する仕組みがない

この専門家の人が何を言いたいかということを、私なりに解釈すると、つまり、

「税金をママ・パパの人気とりに使っているだけで、保育の質向上に使えていない!」

ということ。

この考え方は、私には衝撃的でした。

なぜなら、保育の質を評価すると言うことが、議論してもらえると思っていなかったから。
そして、それをすでに実施している国がいくつもあるということを、知らなかった。

福祉や教育のレベルが高いとよく言われる北欧などでは、
色々取り組まれているだろうな〜くらいには思っていましたが、
記事によると、韓国でも保育の質を評価する仕組みがあるのだとか。

私は保育園しか利用したことがないので、幼稚園に関してはわかりませんが、
以下、現役の保育園利用ママである私が感じている、日本の保育の現場です。

 

保育の質なんて全く求められない、日本の保活

「保活」
ワーママなら誰もが知っているワードです。

私も必死でやりました。
住んでいるエリアは、都会ではないですが、
自治体が子育て支援に力を入れていることもあり、
他エリアからの転居してくる人が多くて、
結果、国内トップレベルに保育園が不足する事態になっています。

「田舎だし、高齢者ばっかりだし、保活楽勝じゃね?」
的な感じで、のーんびり一人目の育休を過ごしていたのですが、
案の定、仕事復帰予定の4月入園に、1次申し込みで落選しました。

結局、緊急的に実施された2次申し込みで入園することができたんですが、
自分の大好きな仕事と会社に復帰できないかも、と思い続けた数ヶ月間は、
毎日、かなり落ち込みました。

こんな風に”入れるか入れないか”だけをママが追い求めなければならないのが、日本の保活です。

もちろん、私が申し込みをしたのは、認可保育園(国が決めた基準をクリアしている施設)で、
見学に行って、施設のレベルや先生の雰囲気をいいな!と感じた園ですが、
認可であるか否か以外は、
保育素人のママやパパが、自分たちだけで判断しないといけないのが現状。

これ、かなり辛いです。
自分で話すことも食べることもままならない、
幼い命の預け先を、保育素人の自分の目だけで見極めて、決めないといけない。

でも、それが当たり前と思ってしまうのが、日本の保育。
保活中の私には、「保育の質を評価する仕組み」はとっても高尚なことに思われたのです。

保育の質を求めると、「贅沢」と言われる風潮

1次募集に落ちた後、
これからどんな風に保活をすればいいのか、市役所に聞きに行きました。

臨時で設けられた特設カウンターには、
平日にもかかわらず、保育園に落ちたママ・パパがたくさん。

私の隣の家族は、担当者の方に怒鳴っていたし、
途方に暮れているママもいた。

そんな現状を思い出すと、「保育園に保育の質を求めたい!」
とか言っていると、「入れただけありがたいと思え!贅沢言うな!」と言われるだろうし、
私が反対の立場だったら、確実に思う。

それが日本の保活の現状なのです。

でも、絶対に忘れてはいけない「幼い子どもの命を預ける」と言う事実に立ち返ったら、
贅沢どころか、必要最低条件であるべき、なのだと思います。

実際に、保育園の質は認可園でもさまざま

保育園生活が始まると、
同じエリアの別の保育園に子どもを通わせるママ友から、
様々な保育園事情が聞こえてきます。

「うちの保育園は、歌を全く歌わせない!」
「うちは、食育に力を入れていて、おやつ作りしている」
「園庭がないから、一日中ただ部屋で自由に過ごしている」
「先生が長期間休んでいるのに、補充が間に合ってないみたい」

これ全部、認可保育園のママの声。

施設や先生の数など、定量的に把握できることは、
国に”認可”されているけれど、子どもを育てる時に最も重要となるはずの、
定性的な把握が進んでいないのが、日本の保育園なのです。

今日のおせっかい

毎日どんなに忙しくても、
保育園(幼稚園)を利用しているママは、
「幼い子の命を自分以外の人に預けている」ことを忘れない

※今日のおせっかいは、そんなことわかっている大勢のママにとって、
偉そうな本当に”おせっかい”なものです‥